演奏会のご案内

★第34回定期演奏会のご案内

♪J.シベリウス/交響曲第2番
♪ブリテン/4つの海の間奏曲
♪ウォルトン/ヴィオラコンチェルト

◆2018年10月28日(日)
◆いわき芸術文化交流館アリオス大ホール
◆指揮者:スティーブン シャレット

 

指揮者:スティーブン シャレット
シャレット先生(小)

米国・シアトル生まれ、デトロイト出身。インターロッケン芸術高校卒。クリーブランド音楽院卒。東京芸術大学指揮科大学院修士課程修了。指揮を故佐藤功太郎、小林研一郎、小田野宏之、田中良和、松尾葉子の各氏に師事。2012年、東京フィルハーモニー交響楽団の文化庁「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」20128月、「東京フィルこども音楽館2012」で東京フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者ダン・エッティンガーのアシスタントに着く。2013年、慶長遺欧使節出帆400年記念事業オペラ「遠い帆」は副指揮で参加。2015年、江戸川区と鶴岡(山形)の34年目を迎えた友好交流第17回第九を歌う会。201611月、東京二期会オペラ公演、シモーネ・ヤング指揮、R・シュトラウス作曲「ナクソス島のアリアドネ」で副指揮。これまでに、東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、芸大フィルハーモニア、会津市民オーケストラ、いわき交響楽団、茨城交響楽団、すみだトリフォニーホールジュニアオーケストラ、筑波大学管弦楽団、南山大学管弦楽団、神奈川フィル合唱団、文京シビック合唱団等の指導及び指揮をする。細やかで、的確なオーケストラ指導と感性豊かな指揮は高い評価を得ている。

 

《ソリストご紹介》

ヴィオラ 叶澤尚子(かのうざわなおこ)
福島県いわき市出身。2歳より鈴木メソードいわき教室にてヴァイオリンをはじめる。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。2002年にスプリング・コンサートーいわきの若い音楽家たちと共に4−にて、いわき交響楽団と共演。高校在学中にヴィオラに転向。第3回横浜国際音楽コンクール第1位。2008年から2012年まで小澤征爾音楽塾オーケストラに参加。同オーケストラ中国ツアー等で首席奏者を務める。その他、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、PMF (パシフィックミュージックフェスティバル)などに参加。2013年よりサイトウキネンオーケストラに参加。その他、2008年に地域創造主催公共ホール活性化アウトリーチフォーラム事業にカルテットゼーレのメンバーとして参加し、現在も同カルテットで全国各地でアウトリーチ活動を行っている。これまでにヴァイオリンを飯塚直子、鷲見健彰、ヴィオラを岡田伸夫、川本嘉子の各氏に師事。現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者を務める。